FC2ブログ

ドモン矯正歯科BLOG

矯正歯科のこと、最近の出来事など気ままに綴るブログです

Category [矯正のこと・歯のこと ] 記事一覧

実現不可能に思えることでもステップを細かく設定するとうまくいく

こんにちは!ドモン矯正歯科、院長のドモンです。皆さまご存知の通り、矯正歯科治療は自費治療の方がほとんどです。ただし2つの例外があります。1つは顎変形症といって大き過ぎたり小さ過ぎる顎の大きさを外科手術で適切なサイズにし、かつ矯正歯科治療を併用する場合に保険診療の適応が受けられます。2つめは先天異常(厚労省の定めた疾患、障害という制限がありますが)のある方も保険の対象になっています。当初は唇顎口蓋裂...

矯正関連の数字(備忘録3)

矯正関連の数字(備忘録3)備忘録version 3です(^_^;)歯周病のなりやすさ 喫煙者は約5倍なりやすい 間接的に煙を吸う人も約3倍なりやすい酒を飲んでも赤くならない人は酒が歯周病を進行させることはないが、酒を飲んで赤くなる人(日本人の約40%)は飲むと4.28倍、歯周病になりやすい(出典 天野敦雄 大阪大学教授 第21回口腔保健シンポジウムより)デンタルインプラントの成功率 97%歯の移植の成功率 1年90%, 5年以上80%...

矯正関連の数字(備忘録2)

矯正関連の数字(備忘録2)備忘録version2です(^_^;)デンタルインプラントの成功率 97%歯の移植の成功率 1年90%, 5年以上80%以上(東医歯大口外 丸川先生講演より)2%  側切歯が矮小歯=日本人の2%9.6% 日本人矯正患者における歯の先天性欠如の発現頻度80% 顎変形症Ⅲ級患者の顎は右が長い人が80%でオトガイが左にシフトしている人が多い   0.84本 3歳半児の虫歯の本数(相模原市)13.9本 80歳の平均現存歯数 40g...

若い先生の優れているところ

こんにちは!ドモン矯正歯科、院長のドモンです。そういう仕事を頼まれる年齢(お年頃??)になったせいなのか、若い先生の治療例の評価をする仕事に携わっています。僕らが試験を受けた20年前よりも今の若い世代の先生が圧倒的に上手になっている仕事上のテクニックがあります。なんだと思いますか?答えは写真の技術です。矯正歯科治療を開始する前に精密検査を受けていただくのですがそれら検査の1項目に口腔内写真があります...

矯正歯科治療に役立つ知識---うけ口(反対咬合)編⑦

こんにちは!ドモン矯正歯科、院長のドモンです。しばらく前(2011年ごろ)に取り上げたトピックの続編です。 知識⑦ 反対咬合の第2期治療を急がない理由 うけ口(反対咬合)の方の第1期治療(早期治療)は小学校低学年を中心に行うというのがスタンダードな考え方だと思います。 では、マルチブラケット装置(ワイヤーで歯を動かす装置)を用いた第2期治療(本格治療)はいつ行うのが良いのでしょうか?小学校中学年でもマルチ...

Menu

プロフィール

ドモン矯正歯科

Author:ドモン矯正歯科
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキングへ


ぽちっとバナー↓を押して頂けると励みになります
にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

QRコード

QR

ブログ内検索