FC2ブログ

ドモン矯正歯科BLOG

矯正歯科のこと、最近の出来事など気ままに綴るブログです

Entries

子供(0-18歳)は新型コロナにかかりにくく重症化しにくい(日本小児科学会 5月20日)

『学校や保育施設の閉鎖は流行阻止効果に乏しい』というデータ、見解を日本小児科学会が紹介、公表しました。

小児の新型コロナウイルス感染症に関する医学的知見の現状
http://www.jpeds.or.jp/uploads/files/20200520corona_igakutekikenchi.pdf


いくつか拾ってみると・・・
学校や保育施設の閉鎖は流行阻止効果に乏しく、逆に医療従事者が仕事を休まざるを得なくなるために COVID-19 死亡率を高める可能性が推定されている。

教育・保育・療育・医療福祉施設等の閉鎖が子どもの心身を脅かしており、小児に関しては COVID-19 関連健康被害の方が問題と思われる。

学校や保育園におけるクラスターはないか、あるとしても稀

インフルエンザの場合とは異なり、COVID-19 が学校や集団保育の現場でクラスターを起こして拡がっていく可能性は低いと推定される。

小児 COVID-19 症例は無症状〜軽症が多く、死亡例は少ない

殆どの小児 COVID-19 症例は経過観察または対症療法で十分とされている。

以上が5月20日にホームページ上で公開されました。


たしかに世界的に小児の死亡例が少なく、日本での最年少死亡例は今のところ28歳のお相撲さんで20代以下の重症例は少ないようです。

2月末の段階では、この疾患の特徴がわかっておらず学校閉鎖の判断は、結果として間違っていたかもしれませんが、当時の判断は『当時は』妥当であったと思います。当時の判断を責めるのではなく、今の結果を冷静に理解して次のアクションに生かす時期に来ているのではないでしょうか。



以下の報道も参考になりました。東京都 年代別の死亡者公表 60代以上が9割 新型コロナ(NHK)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200501/k10012415081000.html

年齢別の感染者数(東洋経済オンライン)
https://toyokeizai.net/sp/visual/tko/covid19/


データから守るべき世代、対象(高齢者、重症化に結び付きやすい糖尿病などの基礎疾患を有する方等)が明確になってきました。

こういった情報、統計よりも、テレビ(特にワイドショー)をメインの情報源にしている方はやみくもに恐怖を煽られている人が多いように感じます。『恐怖をあおって視聴率を稼ぐ』と揶揄されないような情報伝達の方法を工夫してほしいとテレビ関係の方にはお願いしたいです。
スポンサーサイト



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

ドモン矯正歯科

Author:ドモン矯正歯科
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキングへ


ぽちっとバナー↓を押して頂けると励みになります
にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

QRコード

QR

右サイドメニュー

ブログ内検索