FC2ブログ

ドモン矯正歯科BLOG

矯正歯科のこと、最近の出来事など気ままに綴るブログです

Entries

咬む力が強すぎるのは良くない??-その2-

 実は強すぎる力を弱めるための決定的な方法やすごく効く薬は
現在、見つかっていません。見つかっていないからこそ、歯医者さん
では“歯をていねいに磨いて下さい”と言い続けるしかなかったと
ドモンは見ています。

要するに対処法がなかったのでアドバイスできなかったのだと
思います。でもでも・・・

<アドバイス>
 
 決定的な方法こそ見つかってはいませんが、少しアドバイス
できることが見つかってきました。

アドバイス1

日中に上下の歯を接触させている癖はありませんか? 
意識してやめましょう

 Teeth Contacting Habit (TCH---歯の接触癖) がある人は
常に咬むための筋肉をトレーニングしていることになり、基本的に
筋力が強くなってしまっているようです。

 字を書くとき、ピアノを弾くとき、テニスをするとき、包丁で千切り
するときなどやっていないでしょうか?唇は閉じても歯を接触させず
咬む筋肉をリラックスさせましょう。


アドバイス2

早食いではありませんか? 上品にていねいに噛みましょう

 早食いするには強く早く噛まねばなりません。やはり筋トレ
をしているのと同じ効果が出てしまいます。 世間で言われ
ている“よく噛んだ方が良い”のは筋力が平均か、それ以下
の人向けのアドバイスです。咬む力の強い方は要注意です。


アドバイス3

就寝中の歯ぎしり、くいしばりに対し 自己暗示という方法
があります

 皆さんは歯ぎしりと言うと音がすると思っていらっしゃる
でしょう。私も知って驚いたのですが、音がしない歯ぎしりや
くいしばりをする方が大勢いるそうです。この就寝中の歯ぎしり、
くいしばりは簡単にとめられないのでやっかいです。

 歯ぎしり、くいしばりはストレスの解消のためとも言われて
います。短期的には薬でとめることもできるのですが、普通の
方が一生飲める薬ではありません。またマウスピースで一時的
に対処することもできますが、長期に使うと咬みあわせが良くな
い方へ変わってきます。今のところ自己暗示法が1番のようです。 

自己暗示法  A4の紙に“唇を閉じて、上下の歯は離して、顔の力は抜く” 
と大きく書いて壁にはる。 寝る前に壁の前に立って上の“呪文”を3回唱える


スポンサーサイト



Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback[この記事へのトラックバック]

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Menu

プロフィール

ドモン矯正歯科

Author:ドモン矯正歯科
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキングへ


ぽちっとバナー↓を押して頂けると励みになります
にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

QRコード

QR

ブログ内検索