FC2ブログ

ドモン矯正歯科BLOG

矯正歯科のこと、最近の出来事など気ままに綴るブログです

Entries

フィードバック

こんにちは!
院長のドモンです。

今日は
<フィードバック>
について述べたいと思います。

何か行動をすると必ず何らかの結果が出ます。
この結果を分析してこれからの行動をコントロールすることを
フィードバックといいます。

この<フィードバック>を上手に生かせるか
生かせないかで 歯科医の実力は変わると思います。

例えば
患者さんから <この装置は痛いよ>
との感想をもらったら以下の3つに
反応がわかれるかもしれません。

1、何か工夫をして痛くないようにできないか?
2、ふーん と聞き流す
3、文句を言うなんてとんでもない!!

いずれの反応をする歯科医が進歩するでしょうか?

この問いは簡単すぎましたね。

でもこのフィードバックは
いろんな場面で有効だと思います。

矯正歯科ではたくさん写真をとったり
歯型をとりますが、これもフィードバック
と関連大なのです。

歯科医が選択した治療がうまく進んでいるのか
そうではないのか---写真や歯形をみて
評価・考察をし次に生かす、他の人に
生かす などフィードバックが役立つと思います。

患者さんからいただく感想はいいものも
悪いものも意味があります。たくさん感想を
聞けるのはとてもよいことです。

学会等で発表して他の先生から多くの批評を
受けるのも良いことなのです。

批評される機会を持たないということは
進歩から背を向けていることと同じと言えないでしょうか。

フィードバックが役立つのは治療だけに限りません。

受付の仕事であれ、歯科助手の仕事であれ
どんな仕事であれフィードバックをどれだけうまく
利用できるかが仕事のできを左右すると思います。

フィードバック
とても大切だと思います。
スポンサーサイト



Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback[この記事へのトラックバック]

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Menu

プロフィール

ドモン矯正歯科

Author:ドモン矯正歯科
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキングへ


ぽちっとバナー↓を押して頂けると励みになります
にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

QRコード

QR

ブログ内検索