FC2ブログ

ドモン矯正歯科BLOG

矯正歯科のこと、最近の出来事など気ままに綴るブログです

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • [Edit

<難問>の解き方---実践的ブラッシング指導法 その⑤ 

こんにちは!
院長のドモンです。

今日も若い歯科衛生士さん向けのテーマです。

ブラッシンッグ指導(TBI)をしていて、この人は
反応がいいな、こちらの人は何だか反応が悪いな??
ということはありませんか?

私の独断と偏見では・・・およそ2割の方がTBIに際し
てとても反応が良いグループAに入ります。

逆に反応が悪くて、返事も生返事かあるいは自分は忙しい
から歯なんて磨いてられないよという人も2割くらいいら
してグループC所属。

そして残りの6割の方は中間のグループB所属です。

歯磨き一生懸命のグループAさんはブラシの使い方に留ま
らずフロスやその他のケア製品に関心が高く、熱心に指導を
受けてくださいます。そしてTBIがそれほど必要ではない
と思えるくらいお口の中がきれいだったりします。

反対に歯磨き無関心派グループCさんは関心のなさが態度
にもお口の中にも出て汚れが目立つ方が多い気がします。 

やる気のある歯科衛生士さんならこちらの汚れの目立つ
2割の方々(グループC)のレベルアップをしてあげたい!

多くの歯を虫歯にせず、歯周病にせず、長持ちさせられる!
と思うのではないでしょうか?

変な例えかもしれませんがきれいな部屋をもう少しきれい
にする よりも 散らかった部屋をきれいにするほうが
大変でもやりがいは大きそうに思います。

その意気込みは素晴らしい!!

話をTBIに戻しましょう。

一生懸命、指導する →でもうまく行かない
また懸命に指導する →反応がない
を繰り返して自信を失くしてしまうことも
あるかもしれません。

教えて改善しようとする
その努力は素晴らしいと思います。
色々、工夫するのも素晴らしい。

でもうまくいかないのはなぜ?

しょげないでください。
あなたの挑んでいることは<超難問>なんです。

では<難問>にどう対応するのか?
次回に続けます。
スポンサーサイト

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ドモン矯正歯科

Author:ドモン矯正歯科
FC2ブログへようこそ!

人気ブログランキングへ


ぽちっとバナー↓を押して頂けると励みになります
にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

QRコード

QR

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。